本日の利尻


2012年08月14日

むしだらけ

利尻島内の某所にて、様々な昆虫を観察できます。

まずは「キタオオルリオサムシ」。きれいですね。

RIMG0057.JPG

「リシリオサムシ」。利尻島特産亜種。

RIMG0062.JPG

ツバメオモトの実のように美しいブルーを呈する「カワカミハムシ」。

kawakami.JPG

ヨツバヒヨドリの花蜜を吸う「シータテハ」

RIMG0076.JPG

「シータテハ」の「シー」は英文字の「C」。翅を閉じると白い「C」の文字がみえます。

RIMG0068.JPG

by昆さん
posted by rishiri hana guide staff at 09:38| Comment(0) | 利尻の昆虫日記

2012年08月07日

tamazo(たまぞう)君

利尻島のとある海岸には「エゾヒナノウスツボ」が数少なく自生しております。

RIMG0009.JPG

その葉っぱに穴をあけている昆虫を発見しました。

彼の名前は「マルモンタマゾウムシ(甲虫目ゾウムシ科)」。北海道以外では「フジウツギ」や

「キリ」などを食べているそうです。驚くと「正露丸」のようにまんまると固まります。

マルモンタマゾウムシ.JPG

背中の黒い「紋」が特徴です。学名の種名が「tamazo」。。。

個人的には初確認の「ブツ」ですな。。。

by昆さん
posted by rishiri hana guide staff at 09:35| Comment(0) | 利尻の昆虫日記

2012年07月28日

美しすぎる2種類の鱗翅目

本日は天気も良かったので鬼脇地区のヤムナイ沢に散歩に行ってまいりました。

運がよかったのか、2種類の美しい鱗翅目(りんしもく)昆虫を発見しました!!

一枚目の写真は「ヒメキシタヒトリ北海道亜種(ヒトリガ科)の♀」。

本州では「上信山地亜種」、「赤石山脈亜種」、「飛騨山脈亜種」が確認されておりますが

個体数は少なく、北海道亜種以外はすべて「準絶滅危惧種」に指定されている「高山蛾」

です。利尻島でもあまり見る機会の少ない昆虫です。

ヒメキシタヒトリ北海道亜種.JPG

二枚目は「コヒオドシ(タテハチョウ科)」。ヨツバヒヨドリの花蜜を吸っておりますね。

利尻島では低標高地帯でも見ることができますが、本州以南の生息地は中部山岳地帯

(北〜中央〜南アルプス、上高地など1,500〜2,000mの高標高地帯にのみ生息する

「高山蝶」です。それにしても美しい。。。

RIMG0008.JPG

by昆さん
posted by rishiri hana guide staff at 21:49| Comment(0) | 利尻の昆虫日記

2012年07月25日

コエゾゼミ登場

RIMG0033.JPG

利尻島にもようやくセミの季節がやってきました。

「コエゾゼミ」が脱皮した直後で、ササの葉の上で休憩中です。

まだ青みがかっていて、とても美しいと思いませんか?

by昆さんでした。
posted by rishiri hana guide staff at 09:24| Comment(0) | 利尻の昆虫日記

2012年07月16日

夏らしい昆虫がでてきました!

RIMG0026.JPG

低気圧が通過し、利尻島にも一気に夏がやってきました。

「ミドリヒョウモン(タテハチョウ科)」の鮮やかなオレンジ色が青空と木々のグリーンカラーに

映えてますね。下の写真は、翅の裏側です。

RIMG0030.JPG
posted by rishiri hana guide staff at 20:16| Comment(0) | 利尻の昆虫日記
Powered by さくらのブログ